小型で耐久年数の長い、新しい補助人工心臓が今後、続々と製造販売承認される予定だ。体内に埋設でき、自宅で療養することも可能になる。QOLを格段に向上させるタイプの登場で、今後は、より多くの症例に使われることになるだろう。重症心不全の高齢者への“最終治療”として、補助人工心臓が用いられる可能性も高い。

最終治療に補助人工心臓 求められるコストの議論の画像

ログインして全文を読む