補助人工心臓はこれまで、心不全に対して緊急避難的に用いられてきた。ただ、ポンプなどを体外に設置する従来型は装着すると退院できなかった。しかし、ここにきてポンプを体内に埋設する植え込み型の実用化にめどが立ってきた。小型化、耐久性向上を実現したものもある。<

植え込み型が複数登場 長期の在宅療養も可能にの画像

ログインして全文を読む