今年4月の日本医師会会長選挙に京都府医師会長の森洋一氏が立候補した。親自民か、親民主かを争点に、現日医会長の唐澤祥人氏と、茨城県医師会長の原中勝征氏の一騎打ちになると考えられていた日医の会長選に3人目の候補者として登場した格好だ。森氏に出馬の理由にを聞いた。(編集部)

ほかの立候補者との共闘はあり得ないの画像

ログインして全文を読む