2月14日に行われた大阪府医師会の会長選挙で、元日本医師会常任理事の伯井俊明氏が、現職の酒井國男氏を破って当選した。この選挙は、伯井氏が原中勝征氏(茨城県医師会会長)を、酒井氏が森洋一氏(京都府医師会長)を、それぞれ日本医師会会長に推すことを表明しての戦いだったため、日医会長選の行方を占う選挙として全国的に注目されたが、原中氏にとって有利な結果に終わった。

大阪で原中氏支持の伯井氏が新会長にの画像

ログインして全文を読む