10月19日に日本医師会の会長選挙への立候補を表明した茨城県医師会長の原中勝征氏。茨城県医師会の幹部が、日医の執行部の代わりに中央社会保険医療協議会(中医協)の委員に選出されるなど、民主党と茨城県医師会の距離は極めて近い。原中氏は今、何を考えているのか、じっくり語っていただいた。

ログインして全文を読む