日本医師会の政治団体である日本医師連盟は10月20日、執行委員会後の記者会見の席上、これまでの「政権与党である自民党支持」を白紙撤回し、与野党と良好な協議関係の構築を目指すことを明らかにした。日本歯科医師連盟が次期参議院議員選挙で組織候補の擁立を断念するなど、自民党との支持母体となる業界団体が距離の見直しを計るなか、日本医師会の動きに注目が集っていた。

日医が自民党支持見直しをうたうの画像

ログインして全文を読む