臨床試験を始めるに当たって、あらかじめその目的や概要を公のデータベースに登録しておくことは、例えば研究者や企業にとって都合の悪い結果が得られた場合に、その論文が発表されないといった“出版バイアス”を防ぐために有効といわれている。ICMJEの方針決定は、多くの研究者が臨床試験の登録を真剣に考えるきっかけとなった。では、その後、登録をめぐる条件はどの程度守られたのだろうか。

ログインして全文を読む