研究者と研究資金を提供する企業との間に利益相反関係がある場合、研究者が本来行うべき“ベスト・プラクティス”が制限を受ける可能性があることが知られている。一流の医学ジャーナルに論文を発表する際も、ジャーナル側が著者に対して利益相反関係の開示を求めることが一般的になってきた。

一流医学誌でも進まぬ「利益相反」の開示の画像

ログインして全文を読む