新型インフルエンザの本格流行期が間近に迫っている。ピーク時、増える患者にどう対処すればいいのか―。8月中旬、本格流行を経験し、患者の急増でパニックとなる病院も出た沖縄県。県南部の基幹病院は軽症例の診察に追われた。流行期には、診療所と病院の連携で外来患者を分散させ、重症例の病床を確保することが重要だ。

沖縄に学ぶ―機能分化と重症例の病床確保が必須の画像

ログインして全文を読む