アトピー性皮膚炎の治療の主軸といえばステロイド外用薬。だが、その使用に対する患者や家族の不安、誤解は根強い。一方で近年、免疫抑制剤の外用・経口薬や抗アレルギー薬が登場し、ステロイドだけに頼らなくても長期寛解・治癒が可能になってきた。患者の不安と向き合いながら、それらを上手に組み合わせて最大限の治療効果を上げる、ベストプラクティスを取材した。

ステロイド外用薬を上手に減らす 寛解維持にタクロリムスが有効の画像

ログインして全文を読む