住民の教育や電話相談などを充実させても、それらがなかなか浸透せず、結局、軽症患者が救急病院に集中してしまう例は少なくない。1〜3次救急の役割を明確にし、地域の開業医にも1次救急を担ってもらう体制づくりが欠かせない。

重症患者の受け入れに特化するの画像

ログインして全文を読む