少しでも「不要不急」の救急受診を減らそうと、現場では試行錯誤が始まっている。医療者が電話で医療機関を受診すべきかどうかを助言したり、患者に医学知識を身に付けてもらい、軽症時には救急受診を控えてもらうなどの働きかけだ。

「不要不急」の受診を減らすの画像

ログインして全文を読む