1986年に母子感染防止事業が始まって以降、激減したB型肝炎患者。だが最近、成人でのB型急性肝炎が増加している。背景には、従来国内で主流だったタイプとは異なる欧米由来のB型肝炎ウイルスが広がっていることがある。従来のウイルスとは臨床像が異なり、慢性化しやすいのが特徴だ。

性感染による“欧米型”B型肝炎が急増中の画像

ログインして全文を読む