9月2日、日本医師会の定例記者会見の席で、会長の唐澤祥人氏が第45回衆議院選挙を総括した。唐澤氏は「医療に関しては、地域医療の崩壊が現実化した状況を、政治がどのように方向転換させるのかを問う選挙だった」とし、民主党を「日本の医療を何とか良くしたいという姿勢が見える」と評価した。

日医の自民党支持は変わらず?の画像

ログインして全文を読む