8月30日に投票・即日開票された第45回衆議院選挙は、民主党が小選挙区、比例代表合わせて308議席を獲得、単独で過半数の議席(241)を確保し政権交代を果たした。医療従事者向け情報サイト、日経メディカル オンラインとケアネット・ドットコム(CareNet.com)は合同で、医師を対象に今回の選挙に関する緊急アンケート調査を実施中だが、その途中経過を見ると、医師についても民主党への投票が最も多い情勢だ。

ログインして全文を読む