民主党が308議席を獲得し、圧勝に終わった第45回衆院選。日経メディカル オンラインが注目してきた茨城6区でも、民主党に強い風が吹いた。元厚生大臣で厚労族の大物の丹羽雄哉氏と、厚生労働省のOB大泉博子氏との戦いは、丹羽氏11万4204票に対して大泉氏が14万7865票を獲得し、勝利を収めた。

民主への突風は茨城にも! 茨城ルポ(3)の画像

ログインして全文を読む