8月21日、国立大学医学部長会議は、自民党と民主党のマニフェストに関する評価を公表した。これは、同会議がこれまで主張してきた内容を基準に医療と教育を評価したもの。自民党では7月31日に出された「政策BANK」だけでなく、8月9日に公表された「重点施策2009」も評価の対象にしたほか、民主党に関しては、「民主党の政権政策Manifesto2009」のほか、民主党政策集の医療政策詳細版にあたる「民主党医療政策の考え方」も考慮した。

国立大学医学部長会議がマニフェストを評価の画像

ログインして全文を読む