日本医師会は8月5日の定例記者会見で、自由民主党のマニフェスト「政策BANK」についての見解を公表した。常任理事の中川俊男氏は会見の冒頭で、自民党の麻生総裁が記者会見で「行き過ぎた市場原理主義から決別する」としたことをまず評価。また、診療報酬のプラス改定が明記されたこと、財源のあり方に踏み込んで消費税を含む税制抜本改革を掲げたことも評価した。

ログインして全文を読む