欧米に比べると日本での検出率は低いものの、近い将来、院内感染対策において問題となる可能性が高い菌として注目されている、バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)。2005年に民間病院での集団感染を経験した京都府では、全国に先駆けて本格的なVRE対策に着手。今後のVRE対策の参考になり得る1つのモデルを構築した。

集団感染の苦い経験から、地域ぐるみで対策に着手の画像

ログインして全文を読む