日経メディカルは創刊以来、幾度となく僻地医療、地域医療について報道してきた。中でも印象深いのが、北海道の浜中診療所で働く道下俊一氏をルポした1975年の記事だ。浜中診療所を再び訪れ、新しい時代の僻地医療の在り方を探った。

47年務めた名医が残した“五戒” 医師不足に翻弄される医師と住民の画像

ログインして全文を読む