2008年6月、25年以上続いた医師数抑制政策に終止符が打たれ、医学部定員の増員が閣議決定された。だが、わずか10年前には「医師が足りない」と声高に叫ぶ者はほとんどいなかった。いつから医師不足は顕在化したのか。転換点はどこだったのか。

医師過剰から一転、医師不足に 迷走極めた医師需給の議論の画像

ログインして全文を読む