1972年の日経メディカル創刊以来、数々の治療法が開発されてきたが、胃疾患に対する治療技術ほど大きく発展したものはない。H2受容体拮抗薬の登場、ピロリ菌の発見、内視鏡技術の進歩により、消化性潰瘍と早期胃癌は、もはや克服されたといってもいいだろう。

2つのノーベル賞技術が消化性潰瘍と早期胃癌を克服の画像

ログインして全文を読む