「個人診療所を代表する私の立場として、この裁定を許容することは到底できない。非常に強い抗議の意思を持って退席させていただく」。京都府医師会副会長・安達秀樹氏の途中退席という一幕はあったものの、もめにもめた再診料を巡る議論は、2月10日の中央社会保険医療協議会総会でとうとう決着した。

公益委員が裁定、再診料は病・診69点で統一の画像

ログインして全文を読む