中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2月3日開催され、前回に引き続き、次期診療報酬改定における個別項目について議論された。今回、厚生労働省は、診療明細書の発行の拡大を進める観点から、レセプトを電子請求している医療機関を対象に、原則、明細書の無料発行を義務付ける案を示した。

明細書発行の義務化推進で議論が再び紛糾の画像

ログインして全文を読む