日本医師会は1月21日に定例記者会見を開き、中央社会保険医療協議会(中医協)が15日にまとめた2010年度診療報酬改定に関する「現時点の骨子」などへの見解を示し、診療所の再診料を引き下げる形での病院との“一本化”は認めないという従来からの主張を改めて繰り返した。

「診療時間外に頑張らないと経営できなくなるのは問題」の画像

ログインして全文を読む