日本医師会は、12月9日の定例会見で、次期改定の目玉項目の一つ、入院基本料についての要望を明らかにした。現在、原則として月72時間以内とされている看護職員の夜勤時間の緩和などを求めている。

日医が「夜勤72時間ルール」の緩和を要望の画像

ログインして全文を読む