12月4日、中央社会保険医療協議会(中医協)診療報酬基本問題小委員会が開催され、後期高齢者向けの診療報酬、医療保険と介護保険との連携、アルコール依存症などに対する専門的入院治療について議論が行われた。また、同日開かれた総会では、2010年度の改定に向けた意見具申案が示された。しかし、診療側と支払側で合意に至らず、次回の総会まで持ち越しとなった。

後期高齢者診療料、終末期相談支援料は廃止への画像

ログインして全文を読む