12月3日、社会保障審議会医療部会が開かれ、診療報酬改定の基本方針について議論を行った。厚労省が示した基本方針案の「1.基本認識・重点課題等」において、医療崩壊に対して「医療費全体の底上げ」で対応すべきと記しつつも、保険財政に配慮し「医療費の配分の大幅な見直しを行うべき」と併記した内容に関し、診療側の委員から異論が続出した。

ログインして全文を読む