中央社会保険医療協議会(中医協)総会が11月25日開催され、2010年度診療報酬改定に対する診療側委員、支払側委員双方の意見書が発表された。中医協ではこれらの意見書をベースに会全体としての考え方を取りまとめた上で、改定率の決定前に厚生労働大臣に提出し、内容を反映するように求める。

「保険料アップにつながるプラス改定は難しい」の画像

ログインして全文を読む