日本医師会は11月18日、定例記者会見で、行政刷新会議の「事業仕分け」に対する見解を発表。日医常任理事の中川俊男氏は、診療報酬の配分を論点としたことを特に問題視し、行政刷新会議の決定に左右されることなく、政治主導で診療報酬を引き上げてほしいと要望した。

「事業仕分けは財務省主導でマニフェストに反する」の画像

ログインして全文を読む