中央社会保険医療協議会・診療報酬基本問題小委員会が11月11日に開かれ、入院料や認知症対策、在宅医療などに関する診療報酬のあり方が話し合われた。議論においては、急性期病院の入院基本料に関し、「現在1点当たり10円の報酬を11円に引き上げ、急性期入院医療全体を底上げする必要がある」といった意見も出された。

「急性期の入院基本料は1点=11円に」の画像

ログインして全文を読む