11月6日、中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬基本問題小委員会が開催された。この日のメーンテーマは、初・再診料のあり方。初・再診料を巡っては、2006年度、08年度の2度にわたる診療報酬改定で大きな争点となりながら、いまだ積み残し課題が存在している。そのため、10年度改定でも重要改定項目の一つに挙げられており、中医協ではこの日の審議を皮切りに、以後、複数回にわたって議論する予定だ。

初・再診料の議論始まるの画像

ログインして全文を読む