高齢化や医師不足などを背景に、患者を総合的に診る医師のニーズが高まっている。そうした「総合医」を育成するためには、どういう教育が必要なのか、医療制度の中でどう位置付けるか、といった議論も行われるようになった。しかし、関連団体間の過去のしがらみや、組織の論理に縛られ、実現への道のりは険しい。

過去と面子にこだわる関連団体 現場不在の総合医論議(1)の画像

ログインして全文を読む