低年齢での食物経口負荷試験を普及させるためには、病診連携が不可欠。しかし、実際に連携が機能している地域は限られているのが実情だ。そんな中、県を挙げての取り組みで、負荷試験のスムーズな実施を実現した地域がある。

愛媛県で食物負荷試験が普及している理由の画像

ログインして全文を読む