社会の医療を見る目が年々厳しくなっている。一つの事件・事故で医療機関の評判が急速に低下する時代になってきた。苦境に立たされたときの対応を誤れば、病医院の存続すら危うくなる。心臓弁手術連続術死を起こし、世間から大きな批判を浴びた東京医大病院の例を交えながら、逆境からの脱出法について考える。

一つの事件・事故で病医院の信用が失墜の画像

ログインして全文を読む