輸血を受けた患者の肝炎発症、大量輸血で起こる致死率の高い副作用──。輸血はかつて臨床医にとって“怖いもの”だったが、その安全性は近年大幅に向上してきている。一方で、頻度は低いが最近注目され始めた副作用もある。ここ数年で登場した輸血をめぐるガイドラインも併せて、臨床医が知っておきたい輸血の最新知識を紹介する。

輸血後肝炎は急減、GVHDは解決の画像

ログインして全文を読む