現在、周術期の管理は、若手の外科医が担当しています。彼らは手術をしたくて外科に入ってきたのに、なかなか手術をさせてもらえないというジレンマがあります。外科医は今まで以上に手術に専念し、周術期管理はそれを専門にする他の人にやってもらうようにしないと、次世代の外科を担う“金の卵”を使い捨てにする現在の状況が今後もずっと続くことになってしまいます。

「周術期の患者管理でのNPの活躍に期待している」の画像

ログインして全文を読む