医師不足問題を解決する方策の一つとして、「ナース・プラクティショナー」への関心が高まっている。特に、本場米国で実際にNPと仕事をした経験のある医師らが日本版NPの実現を熱望。既に一部の大学でNP養成コースが立ち上がるなど、動きは急だ。日本版NPは、本当に実現するのか。各方面のキーマンへのインタビューを通して、その意義や現実性を検証する。

ログインして全文を読む