喘息患者のアドヒアランスが高くなる治療を実践しても、コントロール不良例は依然として少なくない。近年、よりよい喘息コントロールのために、末梢気道炎症の評価が専門医の間で注目されている。末梢気道領域の炎症の有無や程度を、治療方針決定の指標にしている医師も出てきている。

末梢気道炎症を抑えてより良いコントロールをの画像

ログインして全文を読む