「医学部への入学を勧めたか」との設問に対しては、半数以上が「勧めた」と回答した一方、「勧めなかった」医師はわずか4.8%にとどまった。Vol.2で紹介したように、高校生以下の子どもがいる医師では、「医師になってほしくない」と答えた人が19.7%に上ったが、いざ受験が間近に迫ると、子ども本人の意思に任せる人や、やはり医師になってほしいと考える人が増えるようだ。

進路決定時には「やっぱり医師になってほしい」の画像

ログインして全文を読む