医学部人気が高まる一方で、過重労働や訴訟の増加など医師を取り巻く環境の悪化を背景に、「子どもを医者にしたくない」という医師が目立つようになってきた。“医者の子”の職業選択事情をまとめるとともに、本誌が医師1000人を対象に実施したアンケート結果などを紹介する。

ログインして全文を読む