かつては度々新聞などでも取り上げられていたものの、最近は、小児虐待やドメスティック・バイオレンス(DV)の影に隠れてしまった感のある「高齢者虐待」。だが現実には、市町村に通報があったものだけでも全国で1万3000件超(2007年)の高齢者虐待が明らかになっており、いまだに増加中だ。虐待されている高齢者を、日常診療の何気ない会話や診察から見つけ出し、毅然として再発予防のためのアクションを起こせる医師が、今、求められている。

その傷、虐待ではありませんか?の画像

ログインして全文を読む