癌だけに高線量を当てる技術の進歩は著しく、粒子線治療など患者が選べるメニューもそろってきた。だが、依然として日本における放射線治療の主流は、従来型のリニアックによるX線照射。照射技術を進歩させるのではなく、放射線増感剤を新たに開発することで、このリニアックの治療効果を最大限に高めようとしているのが、高知大放射線科教授の小川恭弘氏だ。

放射線治療(その2) 放射線増感剤で「重粒子線いらず」?の画像

ログインして全文を読む