千葉大法医学教室教授の岩瀬博太郎氏とAi(エーアイ)の普及に努める海堂尊氏のトークバトル第2弾。「Aiは画像診断から放射線科医が主導すべき」とする海堂氏に対して、岩瀬氏は「法医学者も死因究明に死後画像診断を入れるべき主張している」と応戦。海堂氏が「法医学者は専門である解剖に専念すべき」といえば、岩瀬氏は「法医学者は解剖したくてしているわけではない」と、解剖も死後画像診断と同様、適正な死因究明のために必要不可欠な手段の1つに過ぎないのだと訴える。(編集部)

死後画像を主導するのは、放射線科医か?法医学者か?の画像

ログインして全文を読む