ホルモン補充療法(HRT)のリスクを指摘したWomen's Health Initiative(WHI)中間報告から6年。HRTのベネフィットとリスクに対する見解は整理されつつあるが、現場で使うほどにはHRTのリスクの懸念は払拭されていないと感じる医師はまだまだ少なくない。一方、更年期以上の女性のQOLが劇的に改善する実例を目の当たりにし、専門外ながらもHRTに積極的に取り組む医師もいる。“リスク”として指摘される婦人科疾患などの検診を専門医との連携などで着実に行えることが必要条件となるようだ。

治らない関節痛にHRTの画像

ログインして全文を読む