閉経後の不定愁訴などに有効とされるホルモン補充療法(HRT)だが、米国での大規模試験「Women's Health Initiative(WHI)」の2002年中間報告で、HRTを行った群では乳癌や脳卒中などの発症リスクが増加したことが発表され、強い逆風となった。WHI中間報告から6年。その間に試験の妥当性が議論されて結果についての見直しが進み、世界的にいったんは落ち込んだHRTの患者数も増え始めている。日本でも来春には関連学会が初のHRTガイドラインを示す見込みだ。

「HRTは危ない」から6年、流れは変わるかの画像

ログインして全文を読む