癌の痛みの治療でオピオイド鎮痛薬を使う際、まず行うべきは、投与量を徐々に上げて、痛みのとれる至適投与量を個々の患者ごとに見付けること(タイトレーション)。だが実際には、タイトレーションをきちんと行わないまま、オピオイド鎮痛薬の投与量が少なすぎたり多すぎたりで、効果を適切に発揮できていないケースが多いようだ。

フェンタニルパッチの安易な増量はご法度の画像

ログインして全文を読む