Lancetに発表された大規模試験の結果を受けて、日本ヘリコバクター学会は今秋、『Helicobacter pylori感染の診断と治療のガイドライン』を改訂する。この試験のコーディネーターも務めた日本ヘリコバクター学会理事長の浅香氏に、ガイドライン改訂の要点とピロリ除菌の適応拡大の可能性について聞いた。

「ガイドラインではピロリ陽性者すべてに除菌を奨励する」の画像

ログインして全文を読む