2008年8月にLancet誌に掲載された論文をきっかけに、消化器領域では長年の課題だった「ヘリコバクター・ピロリ除菌の適応拡大」が実現に向けて動き始めた。近い将来、保険でピロリ除菌を実施できる対象は広がるのか。広がるとすれば、どこまでが適応となるのか――。原動力となったLancet論文のインパクトを紹介するとともに、関係者のインタビューを通じて、ピロリ除菌の適応拡大の行方を占う。

日本発のLancet論文で「胃癌術後のピロリ除菌」は当確!?の画像

ログインして全文を読む