今年4月に処方せん様式が再変更され、医師が「後発品への変更不可」と意思表示しない限り、薬局薬剤師が後発品に代替調剤することが可能になった。後発品の使用促進、ひいては医療費削減を狙った制度変更だ。この再変更を機に、医療現場で後発品の使用は増えたのだろうか。2008年8月に、医師および薬剤師を対象に行った後発品の使用実態に関する調査の結果を紹介する。

「後発品変更不可」とした薬、「あり」が約半数の画像

ログインして全文を読む